• ielead

フラット35S 備忘録1

最終更新: 5月18日


フラット35備忘録

フラット35Sの金利Aプラン10年間0.25%引き下げは長期優良住宅で基準適合される。

同一確認機関(今回は建築指導センター)に確認申請、長期優良住宅、瑕疵担保を申し込むとフラット35の設計検査、中間検査が不要になる。(長期優良の審査と瑕疵担保の現場検査で兼ねる)

建物完了検査申込時にフラット35の竣工検査申請を一緒に行なう

その時は長期優良の適合証と認定通知書の写し添付する。


68回の閲覧

最新記事

すべて表示

1時間耐火木造

木造の4階建ては1時間耐火にする必要がある。 以前は木住協の講習を受けないと設計できなかったのだけど、今は告示仕様の強化せっこうボード21㎜2枚張りなどで対応することが出来る。 4階建てでなくても3階に児童福祉施設などが入る建物は耐火構造にする必要があるので、現在進んでいる建物は木造3階建て1時間耐火構造で設計してます。 注意点 ■建築基準法 ・3尺幅では階段幅が不足する(その他の階段幅750mm

プラン作成

プラン(間取り)を作るのは楽しい。 「もうこれ以上の物は出来ないかな、、」と思っても、色々な条件をはずしたり、優先順位を変えると、途端に新しい考えが湧いてくる。 う~ん、楽しい。笑 最近構造計算の事ばかり書いているけど、元々私は意匠設計上がりです。 構造計算は独学で勉強しました。 今でも分からないことがあるので、月に一回東京で勉強会に参加してます。 常に新しい技術、設計法も出てくるので、この仕事は

  • facebook

©2017 IeLead .Inc 
sapporo,hokkaido,Japan,Tel+81112998961

構造計算 狭小住宅 立体解析 | (株)イエリード 札幌市北区北23条西3丁目1番10号グレイス23清水ビル1F TEL: 011-299-8961