• ielead

プレカットCAD

最終更新: 5月18日


構造計算の仕事をしていて最近思うことは、

つくづく、伏図や構造図面を書ける設計士さんがいなくて驚くことです。

設計士さんはプレカット屋さんに構造を外注で考えてもらってます。

木造住宅は2階建ては構造計算は不要です。(500㎡未満は)

木造建物の構造は2階建てはほとんどプレカット屋さん

3階建ては構造計算さんが考えてます。

無駄なことが多いんです。時間も作業も、つまりはそれはお金も、、その他諸々、、、、びっくりするくらいの事もよくあります。

構造計算の仕事とプレカット屋さんの仕事の間のワンクッションを無くしたい。

その為には何が必要か、

1構造計算の出来るプレカット屋さん

2プレカットCADの入力できる構造計算屋さん(設計士)

端的に言うとこの二つなのですが、商売として常につきまとうのが、皆さん原価のかからないものにはお金を払いたがらない。という事です。

材料や物の仕入れのためにかかるお金には代金を払うつもりでも、人が行なうこと、時間のかかる作業でも、原価のかからないものには、お金を払うのを嫌がる人が多いです。

それが今の日本社会を象徴していると思うのですが、、、、、まあ、そんなたいそうなことを言っても始まらないので、頑張って付加価値つけるよう知恵絞ります。


0回の閲覧
  • facebook

©2017 IeLead .Inc 
sapporo,hokkaido,Japan,Tel+81112998961

構造計算 狭小住宅 立体解析 | (株)イエリード 札幌市北区北23条西3丁目1番10号グレイス23清水ビル1F TEL: 011-299-8961