• ielead

狭小住宅


札幌も土地が高くなりました。

地下鉄徒歩圏などの利便性の良い土地は下がる気配は無いですね。

地価の上昇、職人不足、資材の値上げ、環境への配慮、4号特例の厳格化(廃止?)による建築費の上昇により住宅価格は今後も上がることはあっても下がることは無いと思ってます。

余談ですが建築士の作業量も年々多くなっているのですが、それはなかなか価格には反映されません。う~ん残念。笑

話は戻り、では今後どうなるか予測すると、

■小さい土地でも(土地が高いので必然的)

■夫婦共働きで(家が高いので当然、また家事、子育てが忙しくとにかく時間がない)

■忙しいので除雪も楽に済ませたい。(カーポートなど必須)

■マイカー通勤できない人は交通の便は絶対条件

という家づくりが増えていくと思います。

そうなると必要となってくるのは木造の3階建て住宅です。

いや4階建ても必要になってくると思います。

現在地下鉄東西線の西28丁目の徒歩圏で注文住宅用地を仕入れる予定です。

中学校区は3K、2Fと言われている中の一つ向陵中学校区です。

敷地の広さは19坪、

カーポート1台組み込みならば3LDK

角地で日影規制もクリアできそうなので木造4階建て4LDKも視野に入れてます。

その為に毎月東京にお金と時間をかけて諸富事務所さんの勉強会に参加しているのです。

土地が買えたらまず、買い手が決まる前でもプラン書いて、構造計算して、確認申請だけ通すことも考えてます。

プラン書いたらここにもアップしてみようっと


37回の閲覧

最新記事

すべて表示

木造4階建て

建築士でも木造は3階建てまでしか建てられないと思っている方が多いと思いますが、そんなことは有りません。 4階建てでも建てられます。 ただし1時間耐火構造にする必要があるのです。 以前は木造の耐火構造には大臣認定の仕様しかなかったのですが2014年8月22日に木造耐火仕様が告示化されましたが建物1棟設計するには木住協の講習を受けなければなりません。 今年の札幌での講習は、、、11月か、、遅いです

  • facebook

©2017 IeLead .Inc 
sapporo,hokkaido,Japan,Tel+81112998961

構造計算 狭小住宅 立体解析 | (株)イエリード 札幌市北区北23条西3丁目1番10号グレイス23清水ビル1F TEL: 011-299-8961