屋根構面

March 12, 2018

標準的な屋根構面の仕様は①9~15㎜合板張り 垂木転び止め無し②9~15㎜合板張り 垂木転び止めあり③9~15㎜板張り 転び止めあり
の3種類あり、あとは各々屋根勾配が30度以下と45度以下に分かれているので計6種類しか計算方法が無いです。

ただし、実際の設計をするときはこの6種類にとらわれず登り梁やツーバイフォー材を垂木に使用したり、厚合板(ネダレス、ネダノン)を貼ったりと多岐にわたると思います。

そんな時はグレー本249ページの詳細計算法を使えば大丈夫です!

 

最上階の天井を吹抜けにして火打ちを見せたくないような造り方をしたい場合なども多いと思います。

 

そんな時は屋根構面の水平耐力を上げる必要がありますがカネシンさんのラフターロックという金物が役に立ちます。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

WOOD-STによる立体解析の注意点1

September 13, 2019

1/2
Please reload

最新記事

September 28, 2019

September 12, 2019

September 10, 2019

September 9, 2019

September 2, 2019

August 27, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • facebook

©2017 IeLead .Inc 
sapporo,hokkaido,Japan,Tel+81112998961

札幌次世代住宅 トップランナー 構造計算 長期優良住宅 | 北海道 |札幌市 | (株)イエリード 札幌市北区北23条西3丁目1番10号グレイス23清水ビル1F TEL: 011-299-8961