WOOD-STによる立体解析

September 13, 2019

 

 

 

 

wood-STを使って斜めのへの字型になっている飲食店を解析しました。

最初はグレー本ベースの解析で建物を2つに切り分けて解析したのですが

どうしても接合部辺りの計算と2つの建物の摺合せが上手くいかず

立体解析で解いてみました。


そうです46条2項ルートと言われる構造計算です。

ポイントは

・材料

・柱脚の緊結

・許容応力度計算

・層間変形角

・偏心率

などです。

 

HOUSE-ST1やKIZUKURIやホームズ君でも勿論46条2項ルートは計算出来るのですが


Wood-STを使うと頬杖、K型筋交い(Kの字を横に倒した形)、など壁倍率を持たないものでも計算できます。
また接合部に回転剛性を設定出来るので引きボルトやドリフトピン鋼板を用いた木造ラーメン構造、も計算できます。更に金物メーカーが曲げ剛性(回転剛性)数値データを出してくれれば梁受金物でもラーメン構造の計算が可能になります。

 

立体解析
木造2階建て220㎡
構造計算 期間約1か月 構造計算代金65万円+消費税


​​

 

 

 

 

FAP3による応力変位図

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

WOOD-STによる立体解析の注意点1

September 13, 2019

1/2
Please reload

最新記事

September 28, 2019

September 12, 2019

September 10, 2019

September 9, 2019

September 2, 2019

August 27, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • facebook

©2017 IeLead .Inc 
sapporo,hokkaido,Japan,Tel+81112998961

札幌次世代住宅 トップランナー 構造計算 長期優良住宅 | 北海道 |札幌市 | (株)イエリード 札幌市北区北23条西3丁目1番10号グレイス23清水ビル1F TEL: 011-299-8961